安全対策の取り組み

東京の建設会社に品質の良い足場の提供で評判の高い株式会社優信興業

03-5879-4911

〒133-0056 東京都江戸川区南小岩4-12-12

安全対策の取り組み

東京の株式会社優信興業の安全への取り組み

正しい知識、手順で施工を行っています

足場の部材を運ぶ男性

東京の数多くの建設の現場で、足場工事、解体・改修工事、土木関連工事を手掛けている株式会社優信興業は、「安全」を何よりも大事にしています。
特に足場工事、解体・改修工事は、高所で行う建設の現場が多いために、常に怪我や事故と隣り合わせです。
株式会社優信興業はそのための教育が行き届いており、全社員が正しい知識、正しい手順で施工を行うことで、未然の怪我や事故を防いでいます。
個人が注意をするだけでなく、周囲の社員にも目を配り、危険な施工を行わないようにそれぞれに対する注意喚起も徹底しています。

東京の株式会社優信興業は計画から安全確保

事前の安全対策が建設の遅延をなくします

足場の組み立て作業

東京の株式会社優信興業の「安全」への取り組みは、工事前の計画段階からスタートしています。
まず社員全員が建設の現場の情報を共有することが欠かせません。
共有ができていないことには、それぞれの場所に応じた適切な安全対策が取れないからです。
また事前に安全対策を行うことにより、工期の計画通りの施工を可能とし、建設の遅延がなくなります。
工期に間に合わせるために焦って建設を進めることはやはり避けなくてはなりません。
社員の事故はもとより、建設の不備にも繋がると当社は考えています。

東京の株式会社優信興業は互いの安全に配慮

互いへの声掛けや指差し確認を重視する

指差し確認を行っている男性

先にも述べた通り、東京の株式会社優信興業は社員個々が「安全」を意識するだけでなく、周囲の社員の「安全」に気を配ることも重視しています。
具体的には、互いへの「声掛け」や「指差し確認」がその対策として挙げられます。
工事前に事前確認をしていても、建設の現場では想定外の事態も起こりえます。
そうした場合、誰かが怪我や事故が起こりそうな場所に足を踏み入れてしまわないように、声掛けや指差し確認がとても大事です。
怪我ゼロ、事故ゼロを目指し、これからも安全でスムーズな施工に努めます。

東京の株式会社優信興業による安全対策研修

入社間もない社員は安全対策の教育から

作業着姿で腕を組む男性二人

新人社員をいきなり建設の現場に連れて行くことはありません。
いくらベテランが側についているといっても、安全を担保する保証はどこにもないからです。
まず東京の株式会社優信興業では、入社間もない社員には安全対策の教育を軸にした研修を徹底して行います。
この研修は経験者も例外ではなく、一時的にでも建設の現場を離れてしまうことで、安全への意識が欠如している可能性があるためです。
安全対策の重要性を知っているのと、そうでないのでは、建設の現場で大きな違いが出ることが必ず理解できるはずです。

東京の株式会社優信興業は周辺の安全も徹底

防音・防臭、美化で周辺の方の理解を求める

足場を下から見上げた様子

工事には騒音や臭いの発生がつきものですが、周辺の住まいや施設などにおられる方が不快な想いをされないような取り組みが大事になってきます。
もちろん、周辺の方々を怪我や事故に巻き込むような事態になることはもってのほかです。
そのため東京の株式会社優信興業では、工事前の挨拶で工事への理解をお願いし、建設中はしっかりと防音・防臭対策を施し、周囲にゴミ一つ出ないよう美化にも徹底しています。
安全とは社員だけでなく、周辺への配慮も含めて考えなければならないと、当社は考えております。

お問い合わせはコチラ

〒133-0056 東京都江戸川区南小岩4-12-12

03-5879-4911

足場の上で作業中の鳶職人

TOP